Benesseサイトマップ

Benesseトップ

ICTサポートのご紹介

子どもは未来からの留学生

ベネッセでは、これからの社会をつくる子どもたちを生きていくために必要な力をつけるため、学校のご支援を行っています。現在、全国の小中学校では教育の情報化が進められていますが、学校全体の情報化には様々な課題が伴うとお聞きしています。例えば、

  • 1人でコンピュータを使った授業をするには不安がある。
  • 学校ホームページの更新が難しい。
  • 校務や授業準備に時間がかかり、子どもたちと向き合う時間が少ない。

こうした課題に対しては、ICT支援員の配備が有効であると言われています。
ベネッセでは、これまで累計4,000校(2015年1月時点)以上の学校をご支援しています。その間、ICT支援員のバックアップなどの運営体制も改善し続けて参りました。ベネッセのICT支援員(以下、ICTサポータ)の活動をサポート導入地区の教育委員会や学校の先生のお声とともにご紹介いたします。

ICTサポータの役割は?

学校ならではの効果的なICTの活用をご支援することがICTサポータの役割です。とりわけ「よりよい授業」の実現のため、先生のプランに基づく授業支援に力を注いでいます。

解説動画を見る

お客様の評価は?

教育委員会、学校に期待以上にご満足して頂くことをめざしています。ICTサポートの導入による、先生にとってのメリットや効果についてお聞きしました。

解説動画を見る

バックアップ体制は?

地域特有の環境や課題に対応するため、「ICTサポータとしての人づくり・組織作り」と「継続的なスキルアップできる仕組み」を地域密着で取り組んでいます。

解説動画を見る

ICTサポータの工夫・やりがいは?

先生に安心していただけるよう「いつも笑顔でいることを」を大切にしています。そして「先生の最高のパートナーになること」が全員の共通の目標です。

解説動画を見る

会社案内

個人情報保護への取り組みについて