Benesseサイトマップ

Benesseトップ

TOPICS

ベネッセは、自ら学ぶ姿勢を育む「辞書引き学習」を応援しています

 「魚を千匹与えるよりも、一匹の魚の釣り方を教えることが大切」ということばがあります。一匹の魚の釣り方を教えることが、その子にとっての「生きる力」になるという意味です。これを学習活動の場面で考えると、大切なのは、与えられた知識を身につけることではなく、子供が自ら学び、考え、答えを導く力を身につけることである、ということができます。

 そのような学習態度を身につけるための方法の一つとして、深谷圭助先生(中部大学准教授)が実践・提唱している「辞書引き学習法」が注目されています。辞書は、知識の宝庫です。好奇心旺盛な子供に辞書を与えると、子供は自らどんどん学んでいきます。

 こちらのページでは、学校の先生や保護者の方向けに「辞書引き学習」に関する情報や素材をご提供しています。学校やご家庭での「辞書引き」のお取り組みの一助としてご活用いただければ幸いです。

会社案内

個人情報保護への取り組みについて