1. TOP
  2. 製品内容
  3. ムーブノート
  4. 製品特長
製品内容
ムーブノート特許出願中:ワークシートおよび集計機能/スタンプ(座標)・マーキング集計機能

先生と子どもたちがやりとりしたり、子どもたち同士が
教え合い、学び合う授業を支援

全員の意見を並べたり、個人の意見を拡大して見せるなど、わかりやすく伝えたり見せたりする機能があり、子ども同士の意見交流を活発にして、思考力、表現力を高め、多面的な見方を養います。また、実際の授業を想定して開発されたワークシートを利用することで、タブレットを使った授業に不慣れな先生でも効果的に活用できます。

ムーブノートの特長

机間指導で子どもたち
の意見をメモ

共有できるのは、挙手
した子どもの意見に
限られる
→挙手指名の限界

リアルタイムで
全員の意見を可視化

発言が苦手な子どもの
光る意見を発見
→意図的指名が可能に

机間指導では難しかった、子ども一人ひとりの考えの可視化や分類が瞬時におこなわれ、指導効率と効果を高めます。

タブレットの特性を活かしたインターフェースと操作性

全国の全学齢の子どもたちを対象に検証テストを実施し、タブレットの指での操作に最適なインターフェースを実現。
子どもにも先生にも見やすく、教室で使いやすいインターフェースと操作性を追究しました。

全国の全学齢の子どもたちを対象に検証テストを実施し、タブレットの指での操作に最適なインターフェースを実現。 子どもにも先生にも見やすく、教室で使いやすいインターフェースと操作性

意見の入力

縦書き/ 横書き、手書き入力に対応

意見や情報はテキストボックスに入力。横書きだけでなく、縦書きにも対応。また、手書き文字認識エンジンを搭載しており、手書きでの入力も可能です(Windows のみ対応)。

ラベル付きテキストボックス、選択肢

テキストボックスにラベルをつけたり、選択肢での回答を設定したりできます。

座標スタンプ、マーカー機能

スタンプやマーカーで画像やテキストの任意の場所を指定し、範囲ごとに集計できます。スタンプやマーカーに意見を付けることも可能です。

ペイントやデジタル教材の利用

ペイント機能を利用した手描きの絵での入力や、一部のワークシートではデジタル教材を利用し、実験のシミュレーションや図形の移動など、デジタルならではのわかりやすい学習が可能です。

意見や情報の共有/ 集計

表示・非表示、並べ替え、グループ化

子どもが共有した意見や情報に対して、先生が子どもの画面での表示・非表示を選択したり、編集をロックしたりできます。子どもの意見や情報を並べ替えたりグループ化したりしながら、意見を分類・整理することができます。

キーワード、スタンプ、マーキングによる集計

子どもたちが入力したテキストから、特定のキーワードを含むものを集計します。スタンプやマーカーなど、指定位置による集計もおこなえ、教室全体の意見動向を素早く視覚的に把握できます。

キーワード集計/スタンプ集計/マーキング集計

その他の機能

相互評価機能

子どもたちはお互いの意見にコメントしたり、拍手機能などで相互に評価したりできます。

ファイル出力機能

授業中に作成したデータは、PDFファイルや画像ファイルとして出力できます。印刷して配布することもできるため、子どもたちの思考過程や授業成果の振り返りも容易におこなえます。

* Adobe PDF は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステム社)の米国ならびに他の国における登録商標です。

スライドショー機能

ひろばに作成したまとめなどに表示順を設定して、スライドショーを表示することができます。

台数に合わせた切り替え

一人一台や複数人一台など、台数に合わせたモード切り替えが可能です。