総合学力調査でできること

客観的な現状把握と取り組み成果の検証から、継続した学力向上施策を考えることができます。

さまざまな観点で学力の実態を多面的に把握

特徴1

学力向上に取り組むためには、現状を正確に把握することが欠かせません。ベネッセの総合学力調査では、「教科学力」だけでなく、その背景となる「学習意識」もあわせて把握することができます。

学習到達度調査+学習意識調査→集団・個人別に成果と課題が明らかに!

学習内容の理解度を測る教科学力調査

各教科でその時期までに身につけておきたい学習内容を基礎から応用までバランスよく出題。問題は毎回新作のため回収は行いませんので、問題冊子を使った事後復習指導も可能です。

IRTを利用し到達度をスコア化

IRTとは項目反応理論または項目応答理論と呼ばれるテスト設計の理論です。この理論を使って問題ごとの重みづけをあらかじめ設定し、受検者の解答パターンから学力水準を示したのが到達スコアです。到達スコアは異なる学年の学力を比較したり、経年の推移を見たりする際の目安となります。

総合学力:教科学力、社会的実践力、学びの基礎力

※1:教科学力や社会的実践力を身につけるうえで基礎となる体験や自ら学ぼうとする力のこと。

※2:集団の中で周囲と良好な人間関係を結び、問題を主体的に解決しながら成長していく力のこと。

「学びの基礎力※1」「社会的実践力※2
「教科学力」が学力向上の基本構成モデル

これまで研究・実証されてきた学習のメカニズムや学びに関わる各種要因等の様々な知見を統合して、学力との相関性や構造を俯瞰できる「学力向上の基本構成モデル」を設定し、そのモデルにそった調査項目を組み入れています。

さらに「学級力」(学び合う集団の形成に貢献する力)、「家庭学習力」(基本的な生活・学習習慣の力)の測定も行いますので、複数の観点を組み合わせて傾向を分析できます。

結果はWebと紙帳票でお届け

特徴2

特性に応じて使い分け、分析と指導の改善に役立てることができます。

Web分析システム「SYEN(シエン)」で、
幅広く深く分析。

全国や過年度と比較して成果と課題をあぶり出す!

Webだから複雑な分析が簡単にできます。

データを蓄積することで、学力の伸長を年度を越えて継続的に確認できます。(最大10年間蓄積可能)

膨大な結果データもWeb分析システム「SYEN」なら画面の流れにしたがって簡単に分析が行えます。属性(学年・学級・個人)や設問(観点・領域・単元)ごとのデータから成果と課題を特定できます。

Web分析システム「SYEN(シエン)」画面サンプル

画面にしたがって操作することで、簡単に分析できます。

全体を俯瞰できる「学年票」は学校に紙帳票でお届けします。

全体の傾向をつかむことで指導方針が立てやすくなります。

各教科の正答率などの基本的な数値や、教科間のバランスなど、最初に知りたい情報を、1枚にサマライズしてお届けします。

※ 学校には「学年票」のほか「個人票」も紙帳票でお届けします。

※このサイトでご紹介した商品のデザイン・内容・名称などは予告なく変更になる場合があります。

お問い合わせはこちら(学校・教育機関専用)/フリーダイヤル 0120-8888-44 平日9:00〜17:00(お盆期間・年末年始を除く)
メールでのお問い合わせはこちら
TOP