問題設計について

つまずきの原因を特定できる選択肢設定など、きめ細かく設計された教科問題。
加えて活用問題も出題します。

学力の伸長が見えるテスト設計

年度を越えて学力の伸長を客観的に確認できます。

すべての設問について事前調査(プレテスト)を実施し、前もって各設問の全体結果への影響度を数値化しています。それにより正答率や偏差値とは異なる「到達スコア」を算出し、毎回新作の問題でありながら経年で学力の比較を行うことができます。

テスト設計のイメージ図

つまずきのポイントを明らかにする誤答類型分析

誤答類型分析により、
つまずきのポイントを明らかにします。

誤答ごとに「なぜそれを選択したと考えられるか」「どこにつまずいているのか」がわかる類型コメントを示します。

※誤答類型コメントは記号選択式問題と一部の記述式問題で設定しています。

※類型別の人数割合とコメントを一覧で確認できる資料もあります。

思考・判断・表現の力を測る活用問題

知識・理解、技能を活用する力も客観的に確認できます。

身につけた学習内容(知識・理解、技能)を選択的・複合的に使って解く問題を、各学年・教科において、数問ずつ出題。
また、学力到達度を正しく評価するために、活用問題はおもに記述式とし、つまずきのポイントを明らかにする誤答類型の分析もできるように設計しています。

算数の活用問題の設計について

この問題は、えんぴつを買うという日常生活の中で想定される場面を設定し、その場面にふさわしい課題解決の方法を考え、身につけた知識・理解、技能を使って解く問題です。

特にこの設問では、考え方を説明することで、知識・理解、技能を、課題解決のためにどのように活用したのかを測ります。

国語の活用問題の設計について

この問題は、ごみの流れについての自由研究を発表する、という場面を設定し、そのための発表資料と発表用のメモを作成する問題です。

特にこの設問では、発表用のメモを作成することを通して、複数の情報の中から必要な情報を選び出す力や、それをわかりやすく説明するための論理性を測ります。

子どもたちの実態を明らかにする学習意識調査

学力との相関が高い質問項目を厳選。
教科学力と学習意識を合わせて見ることで、児童・生徒の状況をより詳細に把握することができます。

ベネッセ教育総合研究所の調査にもとづいて教科学力と相関が高い質問項目を厳選。質問は大きく分類すると以下の4つの視点から成り、視点の各要素ごとに学力との関係を見ることができます。

学びの基礎力・・・豊かな基礎体験、学びに向かう力など

社会的実践力・・・問題解決力、自己成長力など

学級力・・・対話力、支え合う力など

家庭学習力・・・家庭学習の環境や習慣について

※受検結果から見る意識調査と学力の関係は、Web分析システム「SYEN」でご確認いただけます。

学習意識調査のイメージ図

※このサイトでご紹介した商品のデザイン・内容・名称などは予告なく変更になる場合があります。

お問い合わせはこちら(学校・教育機関専用)/フリーダイヤル 0120-8888-44 平日9:00〜17:00(お盆期間・年末年始を除く)
メールでのお問い合わせはこちら
TOP