入試に対応する力

入試分析から「入試に対応する力」を設定し、段階的に出題

「中学3年次から高校入試に向けた取組を行うのではなく、1・2年次から入試を意識した出題を行い、
日頃の学習成果を測ると同時に、入試への対応も段階的に行うことができるようにしたい」との思いから、
「入試に対応する力」(=入試の頻出問題において求められている力)を明らかにし、問題設計に反映しています。

「入試に対応する力」の特徴

入試の出題傾向を分析

過去の入試から、入試で出題されている問題の傾向を各教科で分析。入試の頻出問題で求められている力を明らかにし、1・2年次から問題設計に反映させています。

入試分析例:理科 の円グラフ

1年次ラインナップより段階的に出題

「入試を意識したテスト=難度の高いテスト」という設計ではなく、入試で出題されている問題形式、単元などの特徴を、各回の学習範囲の中で反映し、記述量や表現を工夫して、1・2年次でも対応できるようにしています。学年、回数を考慮し、段階的に入試への対応を図ることができるようにしています。

各回での「入試に対応する力」の
出題割合例:理科

出題割合例:理科 の棒グラフ

※最新入試の傾向より,変更が生じる場合がございます。
※2009年〜2011年度全国公立高校入試問題を分析

※このサイトでご紹介した商品のデザイン・内容・名称などは予告なく変更になる場合があります。

お問い合わせはこちら(学校・教育機関専用)/フリーダイヤル 0120-8888-44 平日9:00〜17:00(お盆期間・年末年始を除く)
メールでのお問い合わせはこちら