NEWS RELEASE ニュースリリース:2020年06月01日

2020年06月01日

子ども向け教材『新型コロナウイルスについて一緒に考えよう』のご紹介

国立大学法人岡山大学ら有志、ならびに、一般社団法人「知識流動システム研究所(KMS)」は4月初旬、小学生の児童をはじめ、中高大学生や社会人とともに、新型コロナウイルスへの理解を深め、感染予防を一緒に考えながら進めたいとの思いから、子ども向け教材「新型コロナウイルスについて一緒に考えよう」の小冊子(日本語 一般向け Ver.1/児童向け(フリガナあり)Ver.2/英語 児童向け Ver.1)と紙芝居のPDFを作り、研究所のホームページで公開しています。

内容

  • コロナウイルスってなに?
  • どのような症状(しょうじょう)があるの?
  • どうやって感染(かんせん)するの?
  • 感染(かんせん)をふせごう!
  • ウイルスとたたかっている友だちや家族を応援(おうえん)しよう!

ダウンロードして印刷すれば、チラシや小冊子、紙芝居も簡単に作れるようになっています。小学校での教育現場はもちろん、学童や塾など、多くの場面で使っていただきたいとの思いから、内容を改変しなければパンフレットの自由な印刷・再配布、URLへのリンクを歓迎しています。

http://www.smips.jp/KMS/stop_covid-19_new/

お問い合わせ / メールマガジンのご登録はこちら

教育情報化(GIGAスクール)

についてお困りですか?

英語指導の向上(4技能、小学校)

についてお困りですか?

基礎学力向上(ドリルや学力調査)

についてお困りですか?